トリキュラー錠の開発と日本の関わり

トリキュラーというのは、低用量の避妊薬のことです。
これは、排卵を抑制する作用があります。
黄体ホルモンそして卵胞ホルモンを配合しています。
この薬は、ドイツで開発をされました。
このピルは、避妊の確実性が認められています。
開発をされたのは1976年のことでした。
また、日本においては、1990年から日本の製薬会社が、新型のトリキュラー28の共同開発を進めました。
そして、1999年に効果が承認されたのです。
2006年から名称を変更して新しいトリキュラーが発売されました。
この薬は、月経周期の調節性があることが特徴です。
そして、高い避妊効果を持っています。
規則的に服用を続けることによって効果を発揮します。
この薬は性感染症を防止することはありません。
そのため、使用に当たっては性感染症に注意が必要です。
開発の臨床試験では、完全に避妊に成功していますが、一般使用では異なります。
偽薬は飲み忘れたとしても問題はありません。
これは、トリキュラー28タイプのものが偽薬が含まれています。
またごく稀に血栓症の症状が現れたら注意が必要です。
この場合はすぐに病院で診察を受けることが必要になります。
服用を中止すれば、自然な生理が戻ります。
そして、正常な排卵が行われます。
このようにトリキュラーは比較的早期に開発が取り組まれた薬です。
それ以降も、新しい薬は開発をされてきました。
その中のひとつが、マーベロンという避妊薬です。
このマーベロンはトリキュラーの次くらいに、よく使用されている低用量のピルです。
マーベロンは、他の効能も期待できるものです。
マーベロンとトリキュラーは含まれる成分に違いがありますしタイプも異なっているのです。

■緊急避妊薬としてのピルなら
世界で売れているアイピルをご紹介します