トリキュラーの確かな臨床成績

卵胞ホルモンと黄体ホルモンの2つの女性ホルモンと同じ作用をもつ化合物などを配合したピルは、主に女性の望まない妊娠・出産にブレーキをかける目的で使用されるほか、つらい生理痛や精神不安定などといった、生理に関連したさまさまな症状を改善する目的のためにも盛んに用いられています。
かつてのピルといえば、こうした女性ホルモンの配合量がきわめて高かったため、医師の指導のもとで吐き気や頭痛、腹痛などの不快な副作用と闘いながらの使用を強いられていましたが、現在ではこうした従来品よりも成分の量が少ない低用量ピルが出回るようになり、ある程度副作用を抑えながら継続的に服用することが可能となっています。
こうした低用量ピルとしては、トリキュラーやマーベロンなどの錠剤が一般的に知られているものです。トリキュラー、マーベロンともに、パッケージが21錠のものと28錠のものとに分かれていますが、これらは生理が開始した日から毎日服用し続けるのが原則で、28錠のものは偽薬(プラシーボ錠)と呼ばれる成分がまったく含有されていない錠剤をあわせて飲み続け、逆に21錠のものは1つの生理周期のなかで7日間だけ休みの期間を設けるということになっています。
両者の違いですが、マーベロンは一相性と呼ばれ、2つのホルモンの配合比がどの錠剤でも同じであるのに対し、トリキュラーは三相性といい、錠剤によってホルモンの配合比が異なり、規定の順番どおりに服用することによって、さらに全体としてのホルモンの量を減少させたものです。
ホルモン量が少ないと不安になるのが、果たして効果があるのかということですが、トリキュラーの医薬品承認時における臨床試験の成績としては、飲み忘れが原因で妊娠してしまったケース4例を除き、他のすべてに避妊効果が認められているため、まったく心配の必要はないといえます。