ピルの排卵抑制作用は安全か?

日本は海外に比べてピルの普及率が非常に低くなっています。
ただの避妊薬というイメージが強いほか、自然な排卵を薬によって抑制することは本当に体に影響がないのかと心配する人も多いためです。
海外ではすでに安全性が高く評価され、高校生から一般的に服用されている国もたくさんあります。
ピルを服用していれば、望まない妊娠から自分自身を守れますし、生理痛の緩和、生理前に起こる諸症状を緩和することもできます。
一般的な避妊方法は男性側に主導権がありますが、これなら女性が自ら自分を守ることができるのです。
現在日本でピルを服用している人は避妊目的の人も多いですが、生理痛の緩和や子宮内膜症の治療のために服用している人もたくさんいます。
ネットなどにはさまざまな情報が飛び交っているので、生理痛に苦しんでいる人はまずは産婦人科を受診してピルの説明を聞くのが良いでしょう。
ピルには低用量と中用量があります。
一般的に生理痛の緩和や避妊目的の人は低用量ピルを服用します。
中用量ピルは女性特有の病気の治療のために使用されることが多いです。
代表的なものはマーベロンというもので、保険適用で購入が可能です。
マーベロンは低用量ピルを長期服用していて、不正出血が起こった時にも使用されることがあります。
マーベロンは個人差がありますが、服用初期に吐き気や胸の張りなどの副作用が出ることがあります。
多少のものなら数日で治まりますので継続服用して大丈夫ですが、あまりにもひどい場合は服用を中止して処方してくれた医師に相談しましょう。
ピルは用法用量を守れば安全な薬です。
けっして怖い薬ではありませんので、生理痛に苦しんでいる人は一度服用してみると良いでしょう。