日本家族計画協会について

日本家族計画協会は、「すべての子どもは望まれた子どもに」をコンセプトに子供の教育相談や性に関する相談などを行っている民間機関となります。

近年では正しい正知識を持っていないことが原因で性病に感染をしたり、避妊をしなかったために予期せず妊娠してしまったりするケースが数多く見受けられるようになっています。

このような性に関する総合的なサポートを中心に、相談事業やセミナー等を定期的に行っている現代の日本人にとっては欠かすことのできない機関となっているのです。

日本家族計画協会が紹介している避妊方法の一種として、低量ピルを用いた避妊方法があります。
低量ピルは正しく服用することでコンドームよりも高い避妊効果があるとして、日本家族計画協会でも薦められている避妊方法の一種となっています。

低量ピルの代表的なものとして有名なのがマーベロンというピルになります。
マーベロンは女性ホルモンの一種である卵胞ホルモンと黄体ホルモンにアプローチし、ホルモンバランスを調節することで排卵を抑制する避妊薬となります。

マーベロンに含まれている有効成分が極めて自然に近い形で卵胞ホルモンと黄体ホルモンに作用するので、副作用も殆ど無く体に負担をかけずに避妊を行なうことができるのです。
またマーベロンはホルモンバランスを整えてくれるので、月経不順や月経痛にも高い効果が期待できます。

日本ではアメリカなどと比較して低量ピルの認知度や利用率は低くなっていますが、マーベロンをはじめとする低量ピルの安全性は日本家族計画協会も認めており、今後ますます利用者画像化することが想定されます。

低量ピルは可逆的避妊法の代表として今後より多くの人に利用されることとなるでしょう。