日本家族計画協会について

日本家族計画協会は、「すべての子どもは望まれた子どもに」をコンセプトに子供の教育相談や性に関する相談などを行っている民間機関となります。

近年では正しい正知識を持っていないことが原因で性病に感染をしたり、避妊をしなかったために予期せず妊娠してしまったりするケースが数多く見受けられるようになっています。

このような性に関する総合的なサポートを中心に、相談事業やセミナー等を定期的に行っている現代の日本人にとっては欠かすことのできない機関となっているのです。

日本家族計画協会が紹介している避妊方法の一種として、低量ピルを用いた避妊方法があります。
低量ピルは正しく服用することでコンドームよりも高い避妊効果があるとして、日本家族計画協会でも薦められている避妊方法の一種となっています。

低量ピルの代表的なものとして有名なのがマーベロンというピルになります。
マーベロンは女性ホルモンの一種である卵胞ホルモンと黄体ホルモンにアプローチし、ホルモンバランスを調節することで排卵を抑制する避妊薬となります。

マーベロンに含まれている有効成分が極めて自然に近い形で卵胞ホルモンと黄体ホルモンに作用するので、副作用も殆ど無く体に負担をかけずに避妊を行なうことができるのです。
またマーベロンはホルモンバランスを整えてくれるので、月経不順や月経痛にも高い効果が期待できます。

日本ではアメリカなどと比較して低量ピルの認知度や利用率は低くなっていますが、マーベロンをはじめとする低量ピルの安全性は日本家族計画協会も認めており、今後ますます利用者画像化することが想定されます。

低量ピルは可逆的避妊法の代表として今後より多くの人に利用されることとなるでしょう。

ピルの排卵抑制作用は安全か?

日本は海外に比べてピルの普及率が非常に低くなっています。
ただの避妊薬というイメージが強いほか、自然な排卵を薬によって抑制することは本当に体に影響がないのかと心配する人も多いためです。
海外ではすでに安全性が高く評価され、高校生から一般的に服用されている国もたくさんあります。
ピルを服用していれば、望まない妊娠から自分自身を守れますし、生理痛の緩和、生理前に起こる諸症状を緩和することもできます。
一般的な避妊方法は男性側に主導権がありますが、これなら女性が自ら自分を守ることができるのです。
現在日本でピルを服用している人は避妊目的の人も多いですが、生理痛の緩和や子宮内膜症の治療のために服用している人もたくさんいます。
ネットなどにはさまざまな情報が飛び交っているので、生理痛に苦しんでいる人はまずは産婦人科を受診してピルの説明を聞くのが良いでしょう。
ピルには低用量と中用量があります。
一般的に生理痛の緩和や避妊目的の人は低用量ピルを服用します。
中用量ピルは女性特有の病気の治療のために使用されることが多いです。
代表的なものはマーベロンというもので、保険適用で購入が可能です。
マーベロンは低用量ピルを長期服用していて、不正出血が起こった時にも使用されることがあります。
マーベロンは個人差がありますが、服用初期に吐き気や胸の張りなどの副作用が出ることがあります。
多少のものなら数日で治まりますので継続服用して大丈夫ですが、あまりにもひどい場合は服用を中止して処方してくれた医師に相談しましょう。
ピルは用法用量を守れば安全な薬です。
けっして怖い薬ではありませんので、生理痛に苦しんでいる人は一度服用してみると良いでしょう。

トリキュラーの確かな臨床成績

卵胞ホルモンと黄体ホルモンの2つの女性ホルモンと同じ作用をもつ化合物などを配合したピルは、主に女性の望まない妊娠・出産にブレーキをかける目的で使用されるほか、つらい生理痛や精神不安定などといった、生理に関連したさまさまな症状を改善する目的のためにも盛んに用いられています。
かつてのピルといえば、こうした女性ホルモンの配合量がきわめて高かったため、医師の指導のもとで吐き気や頭痛、腹痛などの不快な副作用と闘いながらの使用を強いられていましたが、現在ではこうした従来品よりも成分の量が少ない低用量ピルが出回るようになり、ある程度副作用を抑えながら継続的に服用することが可能となっています。
こうした低用量ピルとしては、トリキュラーやマーベロンなどの錠剤が一般的に知られているものです。トリキュラー、マーベロンともに、パッケージが21錠のものと28錠のものとに分かれていますが、これらは生理が開始した日から毎日服用し続けるのが原則で、28錠のものは偽薬(プラシーボ錠)と呼ばれる成分がまったく含有されていない錠剤をあわせて飲み続け、逆に21錠のものは1つの生理周期のなかで7日間だけ休みの期間を設けるということになっています。
両者の違いですが、マーベロンは一相性と呼ばれ、2つのホルモンの配合比がどの錠剤でも同じであるのに対し、トリキュラーは三相性といい、錠剤によってホルモンの配合比が異なり、規定の順番どおりに服用することによって、さらに全体としてのホルモンの量を減少させたものです。
ホルモン量が少ないと不安になるのが、果たして効果があるのかということですが、トリキュラーの医薬品承認時における臨床試験の成績としては、飲み忘れが原因で妊娠してしまったケース4例を除き、他のすべてに避妊効果が認められているため、まったく心配の必要はないといえます。